ふと聴きたくなる懐かしの洋楽 

The carpenters - Now 
カーペンターズ ナウ

ロジャー・ニコルスとディーン・ピッチフォードによるこの曲「Now」は、カレンの最後となるレコーディング・セッションで収録された曲です。この10ヶ月後の1983年2月に摂食障害に起因する心臓発作で急逝したのです。彼女の死後、レコーディング済みの音源からなるアルバム『Voice of the Heart』がリリースされました。
体調の悪い中、自宅でワンテイクでこの曲を録音したという。最後の録音された曲の一つです。
この素晴らしい曲を残してくれました。

このブログでもっと早く取り上げるべきでした。
そっと耳を傾けていたい曲です。まさに可憐な素敵な曲です

「今
雨が降っても寒くない
あなたの手を握っているから
風が私をつきぬけてもかまわない
あなたがそこにいれば 雷だって平気


わたしたちが触れあうと
私の気持ちは空を飛ぶような気分になる
今 わたしが微笑むのは  何故かわかっている
朝日のようにあなたが私を照らしてくれるから
あなたは私の心の奥深くにいて
二人はまるでひとつみたい

そして今は
今まであった恐れが消えていくみたい
いつもおびえていたの
愛が私のことを忘れてしまうのではないかと
愛に見放されてしまうのではないかと
でもほら 私が見つけた人を見て
 
 風が私をつきぬけてもかまわない
あなたがそこにいれば 雷だって平気

でも今 今は
今目覚めれば誰かが家にいる
もう夜をひとりで過ごすことはない
あなたは私に必要な勇気を与えてくれた
心を開いてあなたを受け入れるのに
どうしたらいいのかわからなかったけど
それは今までこと
今までのこと・・・・」
 

Now
Now when it rains I don't feel cold
Now that I have your hand to hold
The winds might blow through me but I don't care
There's no harm in thunder if you are there
 
And now
Now when we touch my feelings fly
Now when I'm smiling I know why
You light up my world like the morning sun
Your so deep within me we're almost one
 
And now
All the fears that I have start to fade
I was always afraid love might forget me
That love might let me down
Then look who I found
 
The winds might blow through me but I don't care
There's no harm in thunder if you are there
 
And now, now
Now when I wake there's someone home
I'll never face the nights alone
You gave me the courage I need to win
To open my heart and to let you in
 
And I really never knew how
Until now
Until now
No, I really never knew how
Until now
 
Writer(s): Roger Nichols, Dean Pitchford
Lyrics powered by www.musixmatch.com
https://lyricstranslate.com/en/Carpenters-Now-lyrics.html