ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Dana Winner - One Moment In Time 
ダナ・ウィナー   ワン・モーメント・イン・タイム

 この曲は、1988年のソウル・オリンピックで、アメリカのテレビ中継用のテーマソングでした。ホイットニー・ヒューストンの曲として過去にこのブログでとりあげました。

今日、ご紹介するのはたまたまyou tubeで出会い感動したダナ・ウィナーが歌うバージョンです。
ダナー・ウィナーは知りませんでした。こんな素晴らしい方がおられたとは・・・・
英語版Wikipediaによると,ダナは1965年2月10日にベルギーのハッセルトに生まれている.フランダース(フランス北東部からベルギー北西部),南アフリカ,オランダで人気があるという。

この曲は、
夢を持ち続けて、一瞬一瞬を大切にしていきること、運命に逆らってでも果敢に挑戦していく。・・・そういう姿勢を続けていくことが人生を有意義なものにしてくれるのだという、「励ましの歌」だと理解しています

「私が生きている毎日が
私に最高ものを与えてくれる日であるように願っている
私は世界に一人だけの人間だけど孤独ではない
私は自分にとっての最高の日をまだ知らない
何かを勝ち取るたびに 私の心は傷ついた
甘美を味わうために 私は痛みと向き合った
浮き沈みはあったけれど それでもまだ
これだけたくさんのものが残っている

私はいつかその瞬間が欲しい  私が私以上のものになれる瞬間
全ての夢が 心臓の鼓動のうように ずっと消えずに残り
その答えが私に委ねられる瞬間  その一瞬を私にください

私が運命と競争している時 その瞬間こそ私は
永遠に感じるだろう

私は最善であるように生きてきた 
私はその全てが欲しい 無駄にする時間なんてない
私は計画を立ててきた 今、この私の手の中にチャンスがある

あなたは人生の勝利者 もしあなたがその瞬間をつかんだら
それを輝かせて 私にその一瞬をください
私が私以上のものになれる瞬間
全ての夢が 心臓の鼓動のうように ずっと消えずに残り
その答えが私に委ねられる瞬間  その一瞬を私にください
私が運命と競争している時
その瞬間の中で私は自由になれるだろう
・・・・・・・・」