ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Tom Jones - Delilah 
トム・ジョーンズ  デライラ

たまたま、you tube でこの曲を聴いた。かなり昔によく耳にしたメロディだった。1968年の曲だというから、リアルタイムで聴いていた訳ではない。トム・ジョーンズの曲がはやっていた1980年代によく耳にしていたからなんだろうと思う。

歌詞を日本語に置き換えて驚きました。まさかこんな歌詞だったとは・・・・
この歌詞に登場するDelilahは、旧約聖書に登場する悪女(サムソンをたぶらかした女性)の名前です。
デライラとサムソンの故事をもとにした曲のようです。怒りに我を忘れてデライラを手にかけてしたったようです。

典型的なラブソングと思いきや・・・・裏切られました。

I saw the light on the night that I passed by her window
I saw the flickering shadow of love on her blind
She was my woman
As she deceived me I watched and went out of my mind

その夜俺があいつの家の窓際を通ったら
灯りがついていた
ブラインドごしに 浮気の影がうごめくのが見えた
あいつは俺の女だったんだ。
裏切られたことを知った俺は
ただそれを見つめ 我を忘れてしまっていた

My my my Delilah
Why why why Delilah
I could see, that girl was no good for me
But I was lost like a slave that no man could free

俺の 俺の 俺のデライラ
なぜだ なぜだ なぜなんだデライラ
あいつはもう俺には
用のない女なんだってわかってはいたのに
自由などままならない奴隷みたいな気持ちになって
どうしようもなかった

At break of day when that man drove away I was waiting
I crossed the street to her house and she opened the door
She stood there laughing
I felt the knife in my hand and she laughed no more

夜明けに男が立ち去るのを俺は待っていた
俺は通りを横切って あいつの家へ行くと
あいつはドアを開けて 笑いながら立っていた
俺は自分の手の中のナイフを感じた
そしてあいつはそれきりもう
二度と笑わなかった

My my my Delilah
Why why why Delilah
So before they come to break down the door
Forgive me Delilah I just couldn't take any more

俺の 俺の 俺のデライラ
なぜだ なぜだ なぜなんだデライラ
やつらがドアを破って 押し入って来る前に
許してくれデライラ
俺は もうがまんすることができなかったんだ。

She stood there laughing
I felt the knife in my hand and she laughed no more

あいつは笑いながら立っていた
俺は自分の手の中のナイフを感じた
そしてあいつはそれきりもう
二度と笑わなかった。

My my my Delilah
Why why why Delilah
So before they come to break down the door
Forgive me Delilah I just couldn't take any more

俺の 俺の 俺のデライラ
なぜだ なぜだ なぜなんだデライラ
やつらがドアを破って 押し入って来る前に
許してくれデライラ
俺は もうがまんすることができなかったんだ。

Forgive me Delilah I just couldn't take any more
許してくれデライラ
俺は もうがまんすることができなかったんだ。



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。