ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

The Lettermen-Sealed with a kiss
涙のくちづけ(レターメン)


懐かしい曲です。レターメンの涙のくちづけ。若かりしときによくラジオから流れてきた曲です。でもこれもカバー曲で、他にもボビー・ヴィントンなどがカバーしています。日本ではこのレターメンの曲でヒットしたせいか、この曲は、レターメンの曲だと思い込んでいました。メロウな気分になります。こんな名曲もたまには「いいかも。1965年の作品。

「夏には さよなら言わなくちゃいけないね
でも 約束するよ
持てる愛のすべてを 毎日、手紙で送るよ
キスで封印をして

今年は 人恋しく寂しい夏になるだろう
でも僕がその空しさを埋めてやるよ
持てる愛のすべてを 毎日 手紙で送るよ
キスで封印をして

陽の光の中に君を見出し
どこにいても君の声が聞こえてくる
優しく君を抱きしめようと僕は走り寄る
でも君はそこにいない

夏に さよならなんて言いたくない
寂しくなるってわかっているから
そうだ 誓いをたてよう きっと9月に会うって
キスでその誓いに封印をして

陽の光の中に君を見出し
どこにいても君の声が聞こえてくる
優しく君を抱きしめようと僕は走り寄る
でも君はそこにいない

今年は 人恋しく寂しい夏になるだろう
でも僕がその虚しさを埋めてやるよ
持てる愛のすべてを 毎日手紙で送るよ
キスで封印して」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。