ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

k.d Lang -Hallelujah 
k.d.ラング  ハレルヤ

この曲は、レナード・コーエンのハレルヤのカバーです。k.d.ラングのこの歌唱に魅せられた方から、この曲のCDを持っていない?とこの動画を見せられたのがきっかけで本日取り上げました。
普段ほとんど洋楽を聴かないという人まで虜にしてしまうほど、なるほどと思わせる歌唱です。

久々にこの歌手の曲を取り上げましたので、k.d.ラングのことを確認しておきましょう。

k.d.ラング(アマゾンより引用)

近年、カナダ出身のアーティストがミュージック・シーンで成功を収めることは珍しくないが、アメリカのカントリー界で認められた女性アーティストはそういないはずである。k.d.ラングは、そんな砂ぼこりが舞う男臭い世界で、持ち味であるハギレの良いヴォーカルを武器に大成したアーティストだ。
しかし、レズビアンであることをカミング・アウトした彼女と、カントリーの聖地ナッシュビルの良好な関係はそう長く続かず、アダルト・コンテンポラリーのシンガー・ソングライターへと転身する。ロック/ジャズ/ロカビリー/ワールド・ミュージックなどのテイストを絶妙にブレンドした『アンジャニュウ』(92年)で、従来のイメージ/作風を払拭。メランコリックなメロディ・ラインと必要最小限の音で鳴らされるアンサンブル、そしてエモーショナルなヴォーカルは、このうえない温もりに包まれたものであった。そして、このアルバムに収録されている「コンスタント・クレヴィング」はグラミー賞に輝き、不動の評価を獲得するに至った。

この曲を作ったレナード・ノーマン・コーエン(Leonard Norman Cohen、1934年9月21日 - ) カナダ人でシンガーソングライターであり詩人としても有名です。 2008年 ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)入りを果たしていることでも知られています。

この曲は、彼の1984年発表したアルバム「哀しみのダンス」に挿入されてい曲ですが、現在でもいろんなアーティストにカバーされ続けている名曲です。
難しい旧約聖書からの話が出てきて、一見宗教的な逸話の歌かなと思ったのですが、なんとなく愛について・・・・誰かを愛するとどうなっていくのかを・・・・・唄っているのだという気がします。愛が生まれ、やがて愛が壊れていき、熱いハレルヤもやがて冷たく悲しいハレルヤになっていくのだといくことを。
ですので、
歌詞の中に繰り返し出てくる「ハレルヤ」という言葉は,本来は「神を賛美する言葉」ですが,愛を示す言葉「I love you」の意味に使われているのではないかと思います。
歌詞の意味などあまり気にせず、k.d.ラングの独特の安定した歌声に浸ってみるのがいいかもしれません。


「ああ,聞いたことある
それは秘密のコードがあって
ダビデがそれを弾いたら 主が喜んだってこと
だけどあなたは音楽をどうも好きではないと思ってるんだろ?
その秘密のコードってのはこのように進行するんだ
4度、5度、短調から長調へ上がって行く
当惑したダビデ王が ハレルヤを作ったんだ

ハレルヤ,ハレルヤ
ハレルヤ,ハレルヤ
・・・

あなたの信念は固かったけど
それを証明しなけばならなかった
彼女が屋根の上で体を洗っているとこをあなたは見て
彼女美しさと月の光に惑わされて あなたは負けてしまった
そしたら彼女はあなたを台所の椅子に縛り付け
その王座を奪い取って髪を切り あなたに「ハレルヤ」と言わせたんだ

ハレルヤ,ハレルヤ
ハレルヤ,ハレルヤ

この前もここにいたことがある
この部屋を覚えてるし この床も前に歩いた
知り合う前まではひとりでも生きてきたんだ
大理石で作った戦いの勝利を祝うアーチの上に
あなたの勝利の旗が見えていた
愛は戦いの勝利で決まるものじゃない
寂しくて悲しい「ハレルヤ」なんだ

ハレルヤ,ハレルヤ
ハレルヤ,ハレルヤ
.
何が本当に起こっているのか 教えてくれこともあった
なのにもう今は教えてくれるつもりもないんだろ?
だけど忘れないでいてほしい
あなたと一緒になった時 清らかな白いハトが飛び立って
互いに息をするたびに ハレルヤだったんだ

ハレルヤ,ハレルヤ
ハレルヤ,ハレルヤ

きっと天国は神がいるかもしれないけど
私が愛から学んだことは
自分を凌駕してる奴をつぶすやり方くらいなもの
夜になると聞えてくるのは誰かの泣き声じゃない
誰もが幸せの明るい光を見れるものでもない
寂しくて悲しい「ハレルヤ」なんだ

ハレルヤ,ハレルヤ
ハレルヤ,ハレルヤ
・・・・・・・」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。


Recollection
K.D. Lang
Nonesuch
2010-02-15