ふと聴きたくなる懐かし洋楽

England Dan and John Ford Coley-Where Do I Go From Here?
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー  愛のゆくえ


この曲は、1977年に彼らが最初に世に出した曲で、翌年の1978年には、バリー・マニロウも自分のアルバムに収録しています。
その後、1989年にカーペンターズがカバーしています。
この曲を最初に知ったのは、カペンターズのカバー曲で、何とも哀愁あるメロディが印象深く残っていました。
このイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー のバージョンも素晴らしいので、最初に彼らのバージョンを取り上げ、次回にカーペンターズを取り上げることにしました。
邦題「愛のゆくえ」は、カーペンターズの曲の邦題をそのままです。

歌詞は、歌詞カードを参考に日本語にしてみました。失恋ソングですね。別れたいなくなった恋人への想いと行き場のないなんとも切ない気持ちが伝わってきます。
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーの爽やかにハーモニーには何とも形容しがたい不思議な魅力があります。


「秋の日
落ち葉のベッドに横たわりながら、
木の枝ごしに浮かぶ雲を眺めている
あなたは言った ふたりの愛は時を超えると

今はもっと寒くなって
木々の葉はすっかり落ち 夜はひどく長くて
あなたがいなくなったから
私は寒々とした心で気持ちを切り替えることができない
口ずさむのは悲しい歌ばかり そればっかり


これから私はどうすればいいのだろう?
教えて 私はどこへいけばいいのか
あなたは私とずっといると言ったのに
私はどこへ行けばいいの?

恋人たちの計画なんて
風に吹かれる枯葉のようなもの
過去は羽ばたきをして 飛び去ってしまう
あなたのことはよく分かっているつもりだったのに

今だからあなたが必要なの
夜だからこそあなたを感じたい
温かく明るいあなたの笑顔が必要なの
あなとのことなんか 考えなくなればいいのに

※繰り返し

あなたは私とずっといる言ったのに
私はどうすれがいいのだろうか」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。