ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Carpenters - One More Time 
カーペンターズ ワン・モア・タイム


しっとりと聴かせてくれて何とも悲しくも美しい曲です。

この歌詞のでてくるルイジアナを地元とするポップカントリー系シンガーソングライター;ルイ・アンダーソンが1975年に作った曲で1976年のアルバム「見つめあう恋」に収録されました。

One More Time もう一度あの日に戻りたい・・・年を重ねてくると、だんだんとこんな気持ちになるものです。
若い人をみると、同じように若かったあの青春の日々がなんとも愛おしく・・・できればもう一度戻れたら戻りたいなぁと・・この曲をのOne More Timeのフレーズがでてくるとそんな郷愁に誘われてしまいました。ああ・・・悲しいかな。

では、静かにそっと聴いてみましょう。


「今夜 私はルイジアナへと南に向かっている
私が目を閉じれば すべてがうまくいくの
もうずいぶん遠くに来たけれど
きっと抜け出してみせる
私がいなくなったことを 誰も気付かなくてもいい

もう一度 楽しい時を
嫌なことを考えるより楽しいことのほういい
もういちど楽しかったあの頃を
愛がふたりにとって すべてだったあの頃を

今夜 私はバトン・ルージュへと南に向かっている
ドアを閉めて明かりを消せば
故郷にいる家族や友達の姿が 走馬灯のようにかけめぐる
そこでは物事がゆったりしていて 気楽に過ごせたの

もう一度 楽しい時を
嫌なことを考えるより楽しいことのほういい
もういちど楽しかったあの頃を
愛がふたりにとって すべてだったあの頃を
愛がふたりのすべてだった
愛がふとりのすべてだった
あの頃をもう一度」

I'm going way down south to Louisiana
Well, I'll just close my eyes
And everything's alright
And though I'm really far away
I'll make my get away
And no one need really
Know that I've been gone

One more time for the good times
That far out weigh the bad
One more time for the good times
When love was all we had
I'm going way down south to Baton Rouge
Well, I'll just close the door
And turn out all the lights
And all the images dance by
Of folks and friends who lie
Back home where things are slow
And easy going

One more time for the good times
That far out weigh the bad
One more time for the good times
When love was all
When love was all
When love was all we had
One more time

よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。



カーペンターズ~40/40 ベスト・セレクション

カーペンターズ
ユニバーサルインターナショナル
2009-04-22