ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Michael Buble &Kelly Rowland-How Deep Is Your Love
マイケル・ブーブレ&ケリー・ローランド 愛はきらめきの中に



マイケル・ブーブレがケリー・ローランドとともに、ビージーズの名曲をカバーしたものです。映画「サタデイ・ナイト・フィーバー」の挿入歌でビージーズを代表する美しいバラードとして1977年にリーリスされた、私の大好きな曲です。
マイケルらの曲も、ビージーズとは違った味わいを醸し出しており素敵な曲になっています。

なかなかの出来です。歌詞の大意は次のとおりです。
これは、やっぱり名曲中の名曲といっても過言ではありません。

「朝の太陽の中の君の瞳を僕は知っている。
滴り落ちる雨の中で君が僕に触れるのを感じる。
君が僕から離れていく瞬間に、
君をもう一度、僕の腕の中で感じていたい。
君は夏のそよ風に乗ってやってきた。
君の愛で僕を暖めて、優しく僕から去って行ってしまった。
君は、僕に見せたかったのだろう。どれだけ君が僕を愛しているかを。
僕は、本当に愚かだった。君こそ僕を導く光。
落ち込んだときに救ってくれる。
僕が君のことをこんなにも好きだなんて、
君は思いもよらないかもしれないけど
僕は、心の底から君を愛している・・・」






ビージーズの曲はこちらからどうぞ
http://blog.livedoor.jp/ottorinayatu/archives/52959695.html


よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。