ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Christina Aguilera - Hurt 
クリスティーナ・アギレラ  ハート


この曲は、2006年の3枚目のアルバム「Back to basics」に収録され、シングルカットされた曲です。
クリスティーナ・アギレラについては、歌唱力があり、訴求力のある力強い声をもった方との認識がありましたが、CDを購入して深くのめり込んでいくというところまでは至っていませんでした。

ダイドが主題歌を歌ったTVドラマ「ロズウェル/星の恋人たち」の一シーンで、マリア役の女性が、クリスティーナの「ジニー・イン・ア・ボトル」を歌っていたのです。
これが気になってyou tubeでクリスティーナの曲を検索していてこの曲にたどり着きました。まあなんと、すごいではありませんか。彼女に対するう認識が一変し、もっといろんな曲を聴いてみたいと思わせてくれました。

この曲を聴いているうちに、特に彼女の声から悲痛な思いが伝わってくるという、ドキドキ感に襲われました。

「あなたの顔を見たのは まるで昨日のことのよう
私をとても誇りに思うと あなたは言ってくれたのに
私はあなたのもとを離れてしまった
今日わかることを あのときわかっていれば

まだきっとこの腕であなたを抱いて 痛みを和らげてあげられた
今までしてくれたことすべてに感謝し あなたの過ちも許すわ
あなたの声をもう一度聴けるのならなんだってする
ときどきあなたに電話したくなる もうそこにいないとわかっていても

あなたを責めてばかりでごめんなさい
あの時はどうすることできなかった
あなたを傷つけることで 私も傷ついてしまった

心の中で胸潰れる想いにかられるかも でも認めたくない
時々隠したいだけ あなたが恋しくてたまらないから
ただたださよならを口にするのはつらいわ

私が間違っていたと言って? 理解するのを手助けをしてくれる?
もうあきれているのかしら それともまだ誇りに思っていてくれている?
あたなの瞳を覗きこむと あなたも私を見つめ返してくれる
そんなチャンスをもう一度くれるのなら 何だってする

あなたを責めてばかりでごめんなさい
あの時はどうすることもできなかったの
自分すら傷つけていたの

あと一日だけでも残されているのなら
あなたと離れてしまってから
どれだけあなたを恋しくてたまらなかったかを伝えるわ

危険かもしれないわ
時間を取り戻そうなんて
やりすぎかもしれないけど

あなたを責めてばかりでごめんなさい
あの時はどうしようもなかったの
あなたを傷つけ私も傷を負ってたの」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。