ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Kelly Sweet - Dream On 
ケリー・スウィート ドリーム・オン

エアロスミスのあの名曲のカバーです。こんな可憐な女性の歌声で同じ曲とは思えない趣の違いをお届けしたいと思い取り上げます。

ケリー・スウィートの2007年のアルバム「We are one」に収録されています。私は、このアルバムが気に入っており、すでに何曲がこのサイトで取り上げています。
彼女の透き通るような歌声が好きなんです。

あの本家の強烈なインパクトのある曲ではなく、なんともしっとりとした癒しの歌になっています。

「鏡を見るたびいつも感じる
顔の皺がくっきりしてくるのを

過去というときは過ぎていくもの
夕闇やがて夜明けになるように
時は過ぎて行った
そうじゃないかい?
誰もが自分の人生につけを払って生きてるんだ

誰も知らない
どこから来てどこへ行くのか
誰もが罪を背負っている
勝つことを知るためには負けることも必要なんだ

これまでの人生の半分は本になった物語のようなもの
生きていれば愚か者からも賢い者からも学ぶ
それが真実さ
良い事も悪い事もみんな自分に跳ね返ってくるんだ

一緒に歌おう 過ぎ去った日々のため歌おう
笑顔や涙を流したことのために歌おう
一緒に歌おう 今日を歌って過ごせたら
たぶん明日は神様が天国に連れてってくれる

一緒に歌おう 過ぎ去った日々のため歌おう
笑顔や涙を流したことのために歌おう
一緒に歌おう 今日を歌って過ごせたら
たぶん明日は神様が天国に連れてってくれる

夢を見よう 夢を見よう 夢を見よう
おまえの夢が叶うまで

夢を見よう 夢を見よう 夢を見よう
おまえの夢が叶うまで
夢を見よう 夢を見よう
夢を見よう 夢を見よう
夢を見よう 夢を見よう
夢を見よう 夢を見よう

鏡を見るたびいつも
過去は過ぎ去って行ってしまう」






よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。

We Are One
Kelly Sweet
Razor & Tie
2007-03-06