ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Westlife - Love can build a Bridge
ウエストライフ - ラヴ・キャン・ビルド・ア・ブリッジ

今日の一曲です。車の中で聴いて綺麗な曲だと感じた曲でした。ラヴ・ソングのカバー曲を集めたアルバム「ラヴ・アルバム」に収録されています。
原曲はワイノナ・ジャッド(Wynonna Ellen Judd)というカントリー歌手が、1983年、母のナオミ・ジャッドとデュオを組んだ「The Judds」が歌った1990年のヒット曲です。

彼女らの歌も聴いてみましたが、このウエストライフのカバーの方がストレートに胸に届きました。
典型的なラブソングです。メロディの美しさと彼らのコーラスが絶妙に絡まって素敵な曲に仕上がっています。

歌詞は、取り急ぎ日本語に置き換えましたがこんな感じということで、ご参考にしてください。(誤訳はご容赦を)


「私は喜んで、靴をはかずに素足で
砂漠を歩いて渡ろう
あなたと私が 最後のパンを一緒に食べられるのなら

壊れた夢で苦しんでいるあなたを救えるなら
戻って海の中を泳いでいくよ
あなたが 望みのすべてを失いかけているとき
愛がどんなものかあなたにみせて助けてあげたい

愛は橋を築くことができる
あなたの心と私の間に
愛は橋を築くことができる
もうそういうときだと思いませんか?
もうそういうときだと思いませんか?

私は大きな声で愛をささやくだろう
すべての心は理解できる
その愛と愛だけが人類の絆を結び付けるだと
あなたに分かってもらえるよう あなたに心の願いを届けたい
最初は、まず あなたと私で間ですべてが始まるのだと
理解し実践していくから進めていこう

愛は橋を築くことができる
あなたの心と私の間に
愛は橋を築くことができる
もうそういうときだと思いませんか?
もうそういうときだと思いませんか?

私たちは一緒に手を携えて立つとき
それが私たちの最高の時間となり
私たちは、何でもいかなることも
行うことができる
何んでも 何であろうとも
そういう力を信じ続けよう

愛は橋を築くことができる
あなたの心と私の間に
愛は橋を築くことができる
もうそういうときだと思いませんか?
もうそういうときだと思いませんか?」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ


ラヴ・アルバム

ウエストライフ
BMG JAPAN
2009-03-25