ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Paul McCartney - I've Just Seen a Face
夢の人 (ポール・マッカートニー)



この曲は、1965年のビートルズのアルバム「Help!」の収録曲です。
カントリーフォーク調的なアコースティックな曲として私としても好きな曲です。ポール・マッカートニーは、ウィングス時代から、現在に至るソロライブでは、お気に入りの曲として、よく演奏しています。
2013年と2015年の来日公演でも演奏されました。

現在←ウイングス←ビートルズと同曲を並べて聴くと、時代の変遷を感じざるを得ない。


「たった今見たあの顔が忘れられない
2人が会ったこの時間と場所が
僕には忘れられないのさ
彼女はほんとに僕にぴったりの女性
僕たちに出会いを世界中に知らせたい

それが今日じゃない別な日のことだったら
僕はよそ見をしていて
気がつかないままだったかもしれない
でも現実に今夜 彼女を夢にみるんだ

落ちていく 僕は恋に落ちていく
そうさ 僕は恋に落ちていく
彼女が何度も僕を呼び返す

こんな風になるなんて知らなかったんだ
僕はずっと一人ぼっちだったし
いろんな機会を逃しひっこみ思案だった
他の女の子はまったくこんな風じゃなかったから

落ちていく 僕は恋に落ちていく
そうさ 僕は恋に落ちていく
彼女が何度も僕を呼び返す

落ちていく 僕は恋に落ちていく
そうさ 僕は恋に落ちていく
彼女が何度も僕を呼び返す

たった今見たあの顔が忘れられない
2人が会ったこの時間と場所が
僕には忘れられないのさ
彼女はほんとに僕にぴったりの女性
僕たちに出会いを世界中に知らせたい
落ちていく 僕は恋に落ちていく
そうさ 僕は恋に落ちていく
彼女が何度も僕を呼び返す

落ちていく 僕は恋に落ちていく
そうさ 僕は恋に落ちていく
彼女が何度も僕を呼び返す」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ