ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

America-Daisy Jane
ひなぎくのジェーン (アメリカ)

この曲は、アメリカの1975年のアルバム「Hearts」からシングルカットされた曲です。
何とも、耳に優しく届き心安らぎます。イントロから心臓(ハート)の鼓動を感じさせる部分も心憎いところ。

歌詞の内容は意味がつかみにくいです。 洋楽は感覚で聴くのってもいいのかなと思います。

「飛行機でメンフィスに戻り
ひなぎくのジェーンを見つけなきゃならない
夏はもう終わってしまったが
彼女の前と同じ気持ちであってほしい

彼女をただひとり町に残してきた
それが胸の痛みを癒せればいいと思う
僕はちょっと気が変なんだ
おかしなゲームをしているんだ
ゲームなんだ


彼女は僕を本当に愛しているのだろうか?
たぶんそうだと思うのだけれど
空に輝く星のように
ぼくはそうと分かっている
空がとても輝いているときは
すべてうまくいくんだと

飛行機でメンフィスに戻るから
オーブンを温めておいてほしい
雲がすべて消え去っていく
僕たちは嵐を乗り越えたんだと思う

僕は元気になったよ
デイジー 僕は正気さ
それであえて言わせていただくと
君は本当に罪な人
ひどい人だと思う

※繰り返し
※繰り返し・・・」





よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ