ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Paul McCartney - Please Please Me
プリーズ・プリーズ・ミー (ポール・マッカートニー)

ソロとしては約2年ぶり、5回目となるポール・マッカートニーの単独来日ツアー「ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015」が昨日4月21日(火)、京セラドーム大阪にてスタートしましたね。
仕事なければ、是非行きたかったのですが・・・残念。

2013年の来日公演のときは、福岡ドームに行きました。この時でも70歳でした。水も飲まずにこの年で30数曲を歌ったのですから驚きでしたが、今回の来日公演も37曲を歌ったとか。72歳ですよ。こんな元気な老人になりたいと思ってますが、すでに及ばすの感。

今日は、この公演を記念して、ビートルズの初期のこの名曲をポール・マッカートニーで聴いていただきたい思います。

「夕べもあの娘に言ったんだ
君はやってみようともしないんだね
ねえ、頼むよ、本当に、さあ
お願いだから、僕を喜ばせておくれ
僕が君を喜ばせてるように

やり方ならもう知ってるだろう
どうしていつも僕が口にしなきゃならないんだ
ねえ、頼むよ、ホントに、さあ
お願いだから、僕を喜ばせておくれ
僕が君を喜ばせてるように

文句を言ってる訳じゃないけど
僕の心はいつもドシャ降りなのさ
何でも君にためにやってるのに
いつまでたっても分かってくれない
どうして僕をがっかりさせんのさ

夕べもあの娘に言ったんだ
君はやってみようともしないんだね
ねえ、頼むよ、本当に、さあ
お願いだから、僕を喜ばせておくれ
僕が君を喜ばせてるように

そうさ
僕が君を喜ばせてるように
そうさ
僕が君を喜ばせてるように」

ビートルズが歌っているバージョンはこちらで。