ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

The Carpenters -I Just Fall in Love Again
想い出にさようなら (カーペンターズ)

この曲は、1977年にリリースされたアルバム「パッセージ」に収録されています。ベスト盤では、「GOLD~35thアニバーサリーエディション」に収録されてはいますが、40-40には収録されていませんね。
アン・マレーがこの曲をカバーしヒットしました。アン・マレーのバージョンより、やっぱりカレンの歌うこのバージョンの方が気に入っています。カレンはいつまでも可憐です。
私としては、数々のカーペンターの曲を取り上げてきましたが、この曲をほとんど忘れていました。つい最近、聴いてみていい曲じゃないのと感銘した次第。

カレンの繊細で優しい歌声に乗って、恋する女性の気持ちが耳に心地よく伝わってきます。聴き終わったとき
とても素敵な時間を過ごせた気持ちにさせてくれます。これが癒されるということでしょうか。

そっと静かに耳を傾けてみましょう。
いいですよね。私のように・・・もうこんな恋に落ちることのない年齢になって、こういう曲をしんみりと聴くのも・・・・・


「夢を見ている きっと夢を見てるに違いないわ
でなければ、本当に 私はあなたのそばにいるのかしら?

あなたの腕に抱かれていると
目覚めているのだけれど 夢が現実になっていくってわかる

また恋をするの
あなたに触れられるといつもこうなるの
ほら また恋をしてしまう
もうそうなるとどうしようもないの 恋に落ちるだけ

魔法なのね きっと魔法なんだわ
こんなふうにあなたを抱くと夜が飛んでいってしまうかのよう
簡単ね あなたが私をお星様まで連れて行くのなんて
あなたの瞳をみつめると 私は天国にいる気持ちになるの
・・・・・・・・」


よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ