ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Michael Bublé - The Way You Look Tonight 
今宵の君は (マイケル・ブーブレ)

この曲は、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの1936年の映画 『有頂天時代 swing time 』からジェローム・カーンの名曲 『今宵の君は the way you look tonight 』です。どこかで聴いたことのある懐かしい調べ。そっと聴き入ってしまいました。
ジャズのスタンダードとしてフランク・シナトラ、トニー・ベネットなどが歌っていました。特に1964年のフランク・シナトラによって、マイケルが歌っているようなポップス調に編曲されたようです。

1997年のアメリカ映画、ジュリア・ロバーツ、キャメロン・ディアス の『ベスト・フレンズ・ウェディング』で使われていました。(ネットでこの曲を検索していて、知りました。この映画を見たはずでしたがどの場面だったか?・・・・)

愛する君・・・今宵の君を思い浮かべている・・・そんな光景が浮かんでくるような歌詞も素敵です。


「いつの日か 心が落ち込んで
世間が冷たく感じても
君を想えば幸福感を覚えるだろう
今宵の君の面影を心に描くだけで

君は可愛いい
微笑みは何とも暖かく頬はとても柔らかい
もう何もいらない 君を愛せるならば
今宵の君を心に想い愛せるならば

言葉のひとつひとうに込められた
君の優しさが広がると 僕の不安は消え去る
君が笑う時 口元をしぼめるところは
僕の愚かな心を癒すんだ

君は素敵だ ずっと変わらずにいてほしい
息もできないほどの魅力をそのままに
どうかそのままでいてほしい
君を愛しているから
・・・・・・」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ