ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Stevie Wonder - Superstition 
迷信 (スティーヴィー・ワンダー)

1972年に世に出た曲で、特にこのドラムの響きに圧倒された記憶が残っています。リアルタイムで聴いたような記憶はあるのですが、定かではありません。この名曲だから、その後かなり経ってラジオから流れたいたのを聴いて感銘を受けたのは間違いないです。
ドラム、クラビネットとギターが絡み、さらにはトランペット加わると、これぞファンキー?という感じになります。聴いていて引き込まれていく感じがします。

スティーヴィーは、アルバム『トーキング・ブック』のセッションに参加したジェフ・ベックへ、返礼のためにこの曲を書いたのでしたが、しかし、スティーヴィーのマネージャーが反対したことにより、スティーヴィー自身が先にレコーディングしてリリースしてしまった。もちろんレコード会社の思惑があったと思われますが、先にリリースしようとしていたジェフ・ペックの怒りを買ったのでした。そのお詫びとして、1975年のジェフ・ベックのアルバムのためにブロウ・バイ・ブロウ』に「哀しみの恋人達」などを提供したという因縁のある楽曲でもあります。

迷信を信ずることの愚かしさを精一杯歌っています。歌詞は難解です。英語歌詞を参考に掲載させていただきました。この英語歌詞をストレートに聴いた方がいいかもしれません。

Very superstitious, writings on the wall,
Very superstitious, ladders bout' to fall,
Thirteen month old baby, broke the lookin' glass
Seven years of bad luck, the good things in your past

When you believe in things that you don't understand,
Then you suffer,
Superstition ain't the way

Very superstitious, wash your face and hands,
Rid me of the problem, do all that you can,
Keep me in a daydream, keep me goin' strong,
You don't wanna save me, sad is my song

When you believe in things that you don't understand,
Then you suffer,
Superstition ain't the way, yeh, yeh

Very superstitious, nothin' more to say,
Very superstitious, the devil's on his way,
Thirteen month old baby, broke the lookin' glass,
Seven years of bad luck, good things in your past

When you believe in things that you don't understand,
Then you suffer, Superstition ain't the way, no, no, no

「すごい迷信だよ、壁に書かれている言葉
すごい迷信だよ、梯子が倒れそうになるってことも
13ケ月の赤ん坊を鏡を壊したからっていって
不幸が7年続くなんてことも、君の過去でいいこともあったはずだ
わかってないことを信じてしまって ひどい目にあうってこと
そんな迷信なんて何の役にも立たない

すごい迷信だよ、君の顔や手を洗えってことも
君が最善を尽くして 俺の問題を取り除いてくれ
俺に夢見る気持ちにさせてくれ、俺を強くさせてくれ
君が俺を助けたくないなら、俺の歌は悲しいだけだ

わかってないことを信じてしまって ひどい目にあうってこと
そんな迷信なんて何の役にも立たない 本当さ

すごい迷信だよ、もう何も話す必要もないさ
すごい迷信だよ、悪魔を近付かせるだけだよ
13ケ月の赤ん坊を鏡を壊したからっていって
不幸が7年続くなんてことも、君の過去でいいこともあったはずだ

わかってないことを信じてしまって ひどい目にあうってこと
そんな迷信なんて何の役にも立たない 本当さ」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ