ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

England Dan & John Ford Coley-SIMONE
シーモンの涙(イングランド・ダン&ジョンフォード・コーリー)

この曲は、前回紹介した「秋風の恋」(1976年)がヒットする前の1972年に発表された曲です。日本のみでヒットし、知る人ぞ知る曲です。二人の男性(兄弟)による優しい歌声は、誰にでも違和感なく、すっと・・・耳に届きます。そんなメロディと柔和さが日本人受けしたのかもしれません。
私は、残念ながら、リアルタイムでこの曲に接してはいませんが、素敵な曲だと思います。
シーモン(英語ではシモーンと発音されています)という女性・・・落ち込んでいる女性をそっと励ます歌です。
なんとも優しさ溢れる歌ではありませんか。
こういう曲は、いつまでも大事にしたいものです。

「シーモン どうして泣いてるの?
涙って乾くってこと知らないのかい
そんな孤独なんて 何処かに捨ててしまおうよ
ほらその心の奥にあるやつだよ 
その気になれば捨てられるよね

シーモン どうして泣くの?
太陽は輝くってこと知らないのかい
君の心の鏡に映し出されているのが見つかるよ
自分の良い部分が その気になればって僕は思うよ

いろいろなところを探しているんだよね 
何か信じること求めて。
でも君がずっと探し続けているだろうけど
そこには決してないんだよ
自分自身に手を伸ばしてみて 見ればわかるさ

シーモンどうして泣くの?
君には人生があるってこと知らないのかい
君の中にあるものすべてを
もう無駄にしちゃいけないんだよ
さあ シーモン
さあ シーモン
さあ シーモン
君の出番だ。

ダ ダ ラ ダ..

シーモン どうして泣いているの?
太陽は輝くってことしらないのかい
そんな孤独なんて捨てちゃおうよ
ほらその心の奥にあるやつだよ 
その気になれば捨てられるよね

シーモン どうして泣いているの?
君には人生があるってこと知らないのかい
シーモン どうして泣いているの?
わからないのかい 君には人生があるんだよ

シーモン どうして泣くの?
わからないのかい 君には人生があるだよ
シーモン どうして泣くの?」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ