ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Phil Collins - One More Night
ワン・モア・ナイト (フィル・コリンズ)

かなりご無沙汰の更新となりました。
実は、不摂生により入院生活を余儀なくされ、約1カ月間病院での療養をせざるを得ませんでした。

4月7日より職場にも復帰しました。徐々に体を慣らしているところです。入院生活では、病院の先生、看護士のみなさんには、言葉に尽くせないほどお世話になりました。ここで、感謝の意を捧げたいと思います。
私が、懐かしの洋楽ブログをやっていることをお話しした看護師の方々は、もしかしたら、このブログを覗いてくださっているかもしれません。ありがとうございました。

毎日欠かさず、病院に来ていろいろ面倒をみてくれた妻にも感謝しています。
仕事の仲間にも、大変な迷惑をかけてしまいました。彼らにも感謝しています。ありがとうございました。

ということで、今回は、復帰の第一弾として、フィル・コリンズのこの名曲をお届けしたいと思います。
あまりに有名な曲なので、下手な解説抜きで聴いていただきましょう。
別れをなんとも惜しむというか、彼女への忘れられない思いを吐露するような男の気持ちを歌っています。
とても、聴きやすく、すんなりと入ってくる素敵な曲です。


「もう一夜 なんとかもう一夜を僕に
君にわかってもらえるよう ずっと長いこと努力してきたんだ
僕の気持ちを理解してほしい
もし僕がつまずき倒れそうになったら 助け起こしてほしい
そうしたらかってもらえるだろう


どうか僕にもう一夜 時間をおくれ
だって僕は永遠に待てないんだよ
僕にもう一夜だけ 時間をおくれ なんとかして
僕は永遠に待つことなんてできやしないから

僕はずっとあてもなくここに座りつづけている
ただひたすら 電話を眺めつづける。
僕は君に電話をしようかしまいか思案にくれている
それから 君ははひとりではないんだろうなんて考えたり

※繰り返し

海へとそそぐ川のように、
僕はいつでも君とつながっていたい
そしてもし君が海を航海していくのなら
僕も君についていくよ

※繰り返し

君が同じ気持ちになる時は 決してやってこないだろう
それがただの口だけの言い訳だってわかっている
でも、もし君の気が変わったら、僕はここにいるよ
きっと多分 二人で愛を育てていけるだろう

※繰り返し・・・」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ