ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Paul Mccartney & Wings -Jet 
ジェット (ポール・マッカートニー&ウイングス)


この曲も、彼の代表曲。アルバム「Band on the run」に収録されてます。
ジェットとは、ポール・マッカートニーの飼い犬の名前だとされてきましたが、実は買っていたポニーの名前だったそうです。このことが、2010年の最近になって彼自身がそう語ったというから面白い。
ライブでは、盛り上がります。11月の来日公演では、多分間違いなく、歌ってくれるしょう。
歌詞は、まったく意味不明・・・・の感。日本語に置き換えてはみましたが、どう訳していいいのやらわからないところは、まさに勝手に意訳しております。それでもこんな感じということで・・・ご参考まで。

「ジェット、ジェット
君がもうすぐ結婚するのんだと云った時の
みんなの驚いた顔を覚えてるよ
君が結婚していなくなったら
月の上にひとりぼっちでいるくらい寂しくなっちゃうね

ジェット、ジェット、
君の父さんは特務曹長のように勇敢かい?
君にどうしてまだ若いなんて云ったのかなぁ

それにあの特務曹長は婦人参政権論者だと
思っていたよ

ジェット、
母さん、彼がいつ僕を愛して欲しいって思ってる?
母さん、彼がいつ僕を愛して欲しいって思ってる?
そうなんだよね
それとも、もう手遅れかい?

背中の方に伸びている髪に そよ風に揺れている

二人で空に向かってんで行こう
ジェット、
あの特務曹長は婦人参政権論者だと
思っていたよ


ジェット
君まで婦人参政権論者
だと思ったんだよ
可愛い君、
僕の愛する人 
君までもね」