ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Michael Bublé - I've Got You Under My Skin 
あなたはしっかり私のもの (マイケル・ブーブレ)

この曲は、前にジュリー・ロンドンやフランク・シナトラととにまとめて取り上げました。特に、今回は私がはまりかけているマイケル・ブーブレのカヴァーでお送りします。
彼の歌声は、洒落たというか都会的なセンスで、ただ甘いだけでなく飽きさせないですね。まだ3曲しかとりあげていませんが、どの曲も何度となく聴いても飽きることはありません。

アマゾンから引用です。

フランク・シナトラ、ハリー・コニック・Jrを彷彿とさせる歌声と、チェット・ベイカーを思わせる正統派色男といったルックスで世界的な人気を誇る男性ヴォーカリスト、マイケル・ブーブレ。カナダはヴァンクーヴァー出身で、ミュージカルや映画へ出演した経歴をもつ彼だが、名プロデューサー、デヴィッド・フォスターに出会い、03年にデビュー・アルバム『マイケル・ブーブレ』を発表(日本盤は04年1月リリース)。ビッグ・バンド風のゴージャスな雰囲気にアレンジされた、ヴァン・モリソンやジョージ・マイケル、フランク・シナトラなどの名曲を甘い歌声で繰り広げ、注目を集めた。
06年リリースの2ndアルバム『イッツ・タイム』では、前作に引き続きプロデューサーにデヴィッド・フォスターを迎え、ポップの真髄を抽出するデヴィッドの手腕が全編に渡って発揮されている。中でも、マイケル本人とデイヴィッド・フォスターの娘であるエイミー・フォスターによって書き下ろされた感動的なラヴ・バラード「ホーム〜きみのもとへ帰りたい」は、全米アダルト・コンテンポラリー・チャートでNo.1を獲得、カナダ版グラミー賞と言われるジュノー賞の年間最優秀シングル賞を受賞するなど、大ヒットを記録。
続く3rdアルバム『コール・ミー・イレスポンシブル』(07年)は、発売1週間のアルバム・セールスが200万枚を超え、カナダ/ドイツ/オランダ/南アフリカなど各国で初登場1位をマークし、米ビルボード・アルバムチャートでは発売2週目にして1位に輝いている(日本盤リリースは07年7月末の予定)。世界が恋するポップ・シンガー、マイケル・ブーブレの快進撃はまだまだ続きそうだ。


「私の内にあなたがいる
私の心の奥底にしっかりすみついてしまったあなた
思いがあまりに深くて、もう私の一部みたいになってしまった
私の心に入り込んでしまったあなた

もちろん必死で抵抗した
「こんな恋がうまくいくわけがない」って自分に言い聞かせもした
でもどうして逆らうことできるというの?
こんなによくわかってるのに
あなたが私の中にいることを

あなたと一緒にいられるなら
何だって犠牲にするわ
でも夜になると耳のそばで
何度も何度もこんな警告が聞こえるの
「ばかだなあ、君には無理な恋だよ
頭をひやして 現実を見てごらん」

でもあきらめようと思っても
あなたを思うだけで
また恋に引き戻されてしまう
だってあなたは私の一部になってしまったから」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ