ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

The Beatles -Paperback Writer 
ペイパーバック・ライター (ビートルズ)


1966年のシングル曲。この曲も懐かしい。今考えると歌詞の内容はまったく理解して聴いていなかったようです。
ペイバーバックの作家になりたいという・・・出版社にアピールする曲だったのですね。たわいもないといったらそれまですが・・・・・・でも印象に残った曲でした。歌詞はこんな感じです。 ご参考まで。

「ペーパーバック・ライター
親愛なる編集者殿 わたしのの本を読んでいただけませんか
書くのに何年もかかった力作です ちょっと見てください
リアという名の男の小説がベースとなっています
わたしは仕事がほしいんです
これで是非なりたいんです ひとかどのペーパーバック・ライターに
ペーパーバック・ライターに

いやらしい男のいやらしい物語です
男の奥さんはまとわりつくだけで 理解がありません
息子はデイリーメールで働いています
彼は固い仕事ですが なりたがってるんです ペーパーバック・ライターに
ペーパーバック・ライターに

ペーパーバック・ライター

千ページもありますが ちょっと目を通してくれませんか
1.2週間あれば あともう少し 書き足せます
スタイルが気に入ってくれたら もっと長くできます
どうにでも書き直しすることもできます なにしろなりたいのです
ペーパーバック・ライターに
ペーパーバック・ライターに

気に入っていただけたなら 権利をさしあげてもいいですよ
ひと晩で莫大な稼ぎをあげるかもしれません
お返しになるときには こちらにお送りください
チャンスをつかんで どうしてもなりたいんです
ペーパーバック・ライターに
ペーパーバック・ライターに」