ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

The Beatles - She's Leaving Home 
シーズ・リーヴィング・ホーム (ビートルズ)

Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Bandに収録されいる曲。静かなメロディは優しく耳の届く。家出をした少女とその親の想いを題材にしている。
ポールが新聞で家出をした少女の記事を読みすぐに詩を書き曲に仕上げ、後追いコーラス部分でジョンの手を借りて出来上がったもの。詩の中の( )内の部分は、少女の両親のコメントをそのまま載せている。
そっと静かに耳を傾けていたい私の中の名曲です。

「水曜日の朝5時、夜が明けるころ、
寝室のドアを静かに閉めて、
もっと話しをしておきたかったという書置きを残して
彼女は階段を下りて台所に向かう
ハンカチを握り締めて
静かに裏のドアの鍵を開けて
外に足を踏み出すと彼女は自由

彼女は(自分たちの人生の殆どをあの娘に捧げてきた)
家を(人生ほとんどを犠牲にしてきたのに)
出て行く(お金で買えるものは何でも与えてきた)
彼女は長い間一人ぼっちで生きていた家を出て行く(さようなら)

父親は妻がガウンを着ている間もいびきをかいている
そこにあった書置きを手に取る
階段の一番上に一人で立ち
彼女は夫に泣き崩れる
お父さん、あの娘が出て行ってしまった
彼女はなぜこんな心の無いことを私たちにするのでしょう
どうやってこんな仕打ちができるのだろうか

彼女は(私たちは自分たちのことを考えたことはなかった)
出て行く(自分たちのことなんか一度も考えなかった)
家を(一生懸命やってやっと生活してきたのに)
彼女は長い間一人ぼっちだった家を出て行く(さようなら)

金曜日の朝9時彼女は遠くは離れたところにいる
約束の相手を待っている
自動車販売をしている男と会うために

彼女は(私たちのどこがいけなかったのだろう)
たっぷり(それが間違っているなんて知らなかった)
楽しんでいる(楽しみだけはお金では買えない)
何年もずっと認めてもらえなかった(さようなら)
心に秘めた想い
彼女は家を出て行く(さようなら)」