ふと聴きたくなる曲

LeAnn Rimes - Can't fight the Moonlight
キャント・ファイト・ザ・ムーンライト (リアン・ライムス)

2000年のアメリカ映画「コヨーテ・アグリー」の主題歌でもある曲。といっても残念ながら、この映画は見ていない。リアン・ライムスのベスト盤の中で特別お気に入りとなった曲として取り上げます。
サビがなんとも印象的。一度聴いてしまうと心を捉えて離さない、忘れようにも忘れられない、いつのまにかまた聴いてしまう曲。 貴方が逆らっても心を奪ってみせるという女性の強いメッセージを感じました。
歌詞の和訳は断念し、歌詞カードをそのまま引用させていただきました。

「恋人たちの空の下で
貴方の隣にいるのは私
誰にも邪魔はできない
恋に落ちたりしないと思っていても
日が沈めば貴方にもわかる
きらめく星空の下には
不思議な空気が漂っていて
ほら今夜貴方の心を奪っていく

抵抗しても構わない
私のキッスから逃れてもいい
でも貴方にだってわかっているはず
月明かりには逆らえない
深い闇のなか
貴方はその心を差し出すの
だって月明かりには逆らえない
貴方だって知っている
その魔法には逆らえない

貴方の心にも必ず届くわ

恋から逃れるなんて無理なこと
優しい風がその心を包み込めば
どう思っていようとも
貴方は気づけば私の腕のなか
きらめく星空の下で
心地よいリズムに身を委ねるの
ほら今夜貴方の心を奪っていく

※繰り返し

何をしても
夜は貴方の心を捕まえるの
逆らっても無駄なこと
貴方に勝ち目なんてない
だってきらめく星空の下には
不思議な空気が漂っていて
ほら今夜貴方の心を奪っていく

※繰り返し
貴方の心にも届くわ」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ