ふと聴きたくなるバラード
Bryan Adams - Please Forgive Me
プリーズ・フォーギヴ・ミー (ブライアン・アダムス)

明けまして おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

新年早々、やっと起き上がったところです。早速、新年第一番目にこの曲はいかがでしょうか。甘い甘いラヴ・ソングです。歌詞が甘いのなんのって、いいおっさん(私ことです)には、すこし恥ずかしくなるほど。メロディはとてもしっくりくる曲なのですが。・・・・取り上げるのをすこしためらっていたのです。今日はめでたい新年元旦ということで思い切って第一弾に持ってきました。
何度も聴いていると歌詞もいつのまにか、メロディにとけこんで、いかしたラヴ・ソングになっていました。この曲のyou tubeでの再生回数が44百万回超というからすごいですね。彼の曲もまたじっくり聴いてみようと思います。


「今もまだ僕達の初めての夜みたいな気がするんだ
初めての口づけの時のような
それがどんどん良くなっていく
誰もこれほど僕を心地良くできない

僕の想いは変わらないよ、君だけ
初めて見つめ合ったあの時と想いは同じ
ただ君への想いがより強くなっている
君をずっと愛し続けたい
君は僕を夢中にさせてるんだ

だから、寂しい想いなんて感じないで
君こそが、僕が求め続けた人なんだ
僕は愛し続けたいだけ
だから もし僕が君を愛しすぎているんだとしたら
僕を許してほしいんだ、自分でもどうなるかわかんない
許してくれるかい、君を愛さずにはいられない
僕を拒んだりしないで

とっても苦しいんだ
僕を許しておくれ
君を求めてしまっても
僕を信じて
僕が君に伝える言葉は全部本当だ
僕を許して、君を愛さずにはいられないんだ

まだ僕達は一緒に最高の時を過ごしてるみたい
初めて触れ合った時のように
僕達はあれからもっと近い存在になったのに
まだ物足りないんだ、ずっと君の傍にいたい
君は僕にとっての一番大事な人
君の肌の温もり、僕は覚えてるよ
なにもかも覚えてる
君の仕草もすべて覚えてる
君を覚えてるよ
あの夜の僕達を今でも覚えてるんだよ

だから、寂しい想いなんて感じないで
君こそが、僕が求め続けた人なんだよ
僕は愛し続けたいだけなんだ
だから、もし僕が君を愛しすぎているんだとしたら
僕を許してほしいんだ、自分でもどうなるかわかんないよ
許してくれるかい、君を愛さずにはいられないんだ
僕を拒んだりしないで
とっても苦しいんだ
僕を許しておくれ 君を求めてしまっても
僕を信じて 僕が君に伝える言葉は全部本当だ
僕を許して、君を愛さずにはいられない

一つ確かなことは
僕達の愛し合い方
それだけが僕の支えなんだよ
それが僕達の想いを強く支えてくれてものだから
すべての言葉、すべての息遣い、ひとつひとつに祈りを込めて
僕はこういうしかできないよ。

僕を許してほしいんだ、自分でもどうなるかわかんないよ
許してくれるかい、君を愛さずにはいられないんだ
僕を拒んだりしないで
とっても苦しいんだ
僕を許しておくれ
君を求めてしまっても
僕を信じて
僕が君に伝える言葉は全部ホントだよ
僕を許して、君を愛さずにはいられないんだ」