ふと聴きたくなる懐かしの洋楽


Paul McCartney - Blackbird
ブラックバード (ポール・マッカートニー)

ビートルズの曲として好きな曲です。ポール・マッカトニーのライブがありましたのでこちらをメインにお届けします。

歌詞の直接的な内容は、女性を「鳥」(クロウタドリ)になぞらえて、「傷ついた翼のまま、夜の闇の中にある光を目指して飛んでゆく」いうように描いており、黒人女性の人権擁護や解放について歌っています。
ビートルズ盤は、左から入ってくる音がやけに気になって、どちらというと私にはこの音はなくてもいいなぁと思っています。・・・これがいいんだという人もおられるかもしれませんが。

「真夜中に歌っているクロウタドリは
傷ついた羽をして君の人生の飛び方を習う
君の人生の全てで
君はただ目覚めのときを待っていた

真夜中に歌っているクロウタドリは、
くぼんだ目をして見ることを学ぶ
君の人生の全てで
君は自由になるときをただ待っていた

夜の暗闇の中の光にむけて
クロウタドリは飛んでいく
クロウタドリは飛んでいく
夜の暗闇の中の光にむけて
クロウタドリは飛んでいく
クロウタドリは飛んでいく
君はただ目覚めのときを待っていた
君はただ目覚めのときを待っていた

Blackbird singing in the dead of night
Take these broken wings and learn to fly
All your life
You were only waiting for this moment to arise

Black bird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
all your life
you were only waiting for this moment to be free

Blackbird fly, Blackbird fly
Into the light of the dark black night.

Blackbird fly, Blackbird fly
Into the light of the dark black night.

Blackbird singing in the dead of night
Take these broken wings and learn to fly
All your life
You were only waiting for this moment to arise

Blackbird fly, Blackbird fly
Into the light of the dark black night.

Blackbird fly, Blackbird fly
Into the light of the dark black night.

Black bird singing in the dead of night
Take these sunken eyes and learn to see
all your life
you were only waiting for this moment to be free
you were only waiting for this moment to be free
you were only waiting for this moment to be free