ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Engelbert Humperdinck - Love is a many splendored thing 
慕情 (エンゲルト・フンパーディンク)


1955年の映画「慕情」の主題歌です。もう半世紀以上も歌い継がれている名曲です。この曲は様々な歌手によって歌われていますが、この円熟味を増したエンゲルト・フンパーデインクの歌が最高です。かなりの年齢になっていると思われますが、この声量はまことに素晴らしい。これぞ本物です。

「愛は様々な輝きに満ちたもの
早春に芽吹いたばかりの
四月のバラのよう
愛は自然が僕たちに生きる意味を与えてくれる摂理
男を王にもなせる黄金の冠

ある時 風の強い丘の上で
朝もやに包まれて
恋人達が口づけを交わす
そして 時は止まる
君の指が僕の押し黙った心にふれると
僕の胸はときめきを覚える
そう 本当の愛は
さまざまな輝きに満ちている

・・・・・・・・・・・・」

Love is a many splendored thing
It's the April rose
That only grows in the early spring
Love is nature's way of giving
A reason to be living
The golden crown that makes a man a king

Once on a high and windy hill
In the morning mist
Two lovers kissed
And the world stood still
Then your fingers touched
My silent heart and taught it how to sing
Yes, true love's
A many splendored thing

Once on a high and windy hill
In the morning mist
Two lovers kissed
And the world stood still
Then your fingers touched
My silent heart and taught it how to sing
Yes, true love's
A many splendored thing