ふと聴きたくなるバラード

Whitney Houston - All the Man That I Need
この愛にかけて (ホイットニー・ヒューストン)

哀愁的なこのメロディが印象的。しばらくこの曲を忘れていました。久々に聴いて、いい曲じゃないの・・・と再認識。誤訳を恐れず和訳してみました。ご参考まで。まさに邦題「この愛にかけて」がぴったりくるような、素敵な愛に生きる素晴らしさを歌いあげています。
彼女の3rdアルバム「I'm Your Baby Tonight」アイム・ユア・ベイビー・トゥナイト)(1990年)の収録曲。


「夜ひとりで泣いて眠りにつくこともあった
でもそれは彼が現れる前のこと
愛は結局人を傷つけるものでしかないと
思い込んでいたのに

今は、彼がいて 変わった 変わったの

彼は私を満たし 愛を与えてくれる
思ってもみなかった これほど素敵な愛があるなんて
彼は私のすべて 私のただひとりの人
そして彼は私が求める男性のすべて

そして朝 私が彼の目にキスをすると
彼は私を抱き寄せて そっと私の心を捉えて離さない
夕闇の中 月が高くなる頃
彼は私をしっかりと抱き どこにも行かない
もうずっと離れない
※繰り返し
・・・・・・」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ