ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Whitney Houston - I Have Nothing 
アイ・ハヴ・ナッシング (ホイットニー・ヒューストン)

この曲は、1992年の映画「ボディ・ガード」からシングルカットされた3番目の曲です。あなたへの一途な想いを歌っています。もう20年以上も経つのかと思うと・・・感慨深いものがあります。もうすく1年ですか。時の経つのは速いです。

「一緒に生きて 今の私をうけとめて
私は決して変わることはないから
私の愛を受けいれて、たくさんは望まないから
今のままのあなたと、あなたのすること全て それだけでいい

そんなに先を見る必要はない
あなたがいない所へ行かなくてはいけないなんて嫌
心の中のこの情熱を抑えたくはない
私自身から逃げられないし隠れる場所なんかないから

私にこれ以上扉を閉めさせないで
もう傷つきたくない
私の腕の中にいて、勇気があるなら思い切って
それともあなたがそこにいると心に思い描かねばらならいの?
私から離れないで
私には何もないの、何もない
もしあなたがいなくなったら

あなたにはお見通しね、私の心の中まで
あなたの愛の力で私の壁を壊してほしい
あなたとの愛、こんな愛を私は今まで知らなかった
その思い出はずっと生き続け、私の心の支えとなる

そんなに先を見る必要はない
あなたがいない所へ行かなくてはいけないなんて嫌
心の中のこの情熱を抑えたくはない
私自身から逃げられないし隠れる場所なんかないから
あなたの愛を私は忘れない、永遠に

私にこれ以上扉を閉めさせないで
もう傷つきたくない
私の腕の中にいて、勇気があるなら思い切って
それともあなたがそこにいると心に思い描かねばらならいの?
私から離れないで
私には何もないの、何もない
もしあなたがいなくなったら
・・・・・・・・・・」