そっと静かに耳を傾けたいバラード


Martina Mcbride - Concrete Angel 
コンクリート・エンジェル (マルティナ・マクブライド)

この曲を始めて聴いた時、なんとも言えない寂しさを感じたので、この曲を調べてみました。ネットで検索して次のサイトの記事を見つけました。
http://voices.sitemix.jp/blog/2011/06/10/martina_mcbride_concrete_angel/

歌詞の和訳をこのサイトから引用させていだきました。

7歳の少女がアルコール中毒の母親から虐待を受けながらも誰にも助けてもらえることのなかったという内容のなんとも痛ましい歌です。幼児虐待という実話に基づくようです。
詩を読んだだけでも 涙が溢れてしまいました。そっと耳を傾けみましょう。

「少女は自分でつめたお弁当を持って学校に歩いていく
昨日と同じ洋服を着ながら抱えている彼女の秘密を
誰も知る由もなく
少女はリネンとレースでその打撲傷を隠していた

彼女の先生はそれに疑いを持ちながらも、彼女にそれを聞くことはない
秘密の嵐のその苦しみに耐えながらも
仮面の下のその痛みは見るに耐えなかった
少女は自分がこの世に生まれてこなかったらなと願うこともあった

(コーラス)
風と雨を全身で受けながら
彼女は石のように懸命に耐えていた
この世で彼女はそれを克服することはできなかったが、
少女の夢は彼女に翼を与えた
そして少女は愛される場所へと羽ばたいていった
天使になった少女よ


真夜中に誰かが泣いている
近所はそれを聞いていたが、誰も明かりをつけようとはしなかった
か弱い魂は運命の手に捕らえられた
朝が来るときには手遅れになるだろう

(コーラス)
風と雨を全身で受けながら
彼女は石のように懸命に耐えていた
この世で彼女はそれを克服することはできなかったが、
少女の夢は彼女に翼を与えた
そして少女は愛される場所へと羽ばたいていった
天使になった少女よ


陽のあたらない場所に彫像が立っている
空を仰ぐ天使になった少女
磨かれた石に刻まれた彼女の名前
世界に忘れ去られた傷ついた心

(コーラス)
風と雨を全身で受けながら
彼女は石のように懸命に耐えていた
この世で彼女はそれを克服することはできなかったが、
少女の夢は彼女に翼を与えた
そして少女は愛される場所へと羽ばたいていった
天使になった少女よ


She walks to school with the lunch
She packed
Nobody knows what she's
Holdin' back
Wearin' the same dress
She wore yesterday
She hides the bruises with linen
And lace

(oh oh)

The teacher wonders but she
Doesn't ask
It's hard to see the pain
Behind the mask
Bearing the burden
Of a secret storm
Sometimes she wishes she was
Never born

[Chorus]
Through the wind and the rain
She stands hard as a stone
In her world that she can rise above
But her dreams give her wings
And she flies to a place where
She's loved
Concrete angel

Somebody cries in the middle
Of the night
The neighbors hear, but they turn
Out the lights
A fragile soul caught in the hands
Of fate
When morning comes
It'll be too late

[Chorus]

A statue stands in a shaded place
An angel girl with an upturned face
A name is written on a polished rock
A broken heart that the world forgot