ふと聴きたくなる懐かしの洋楽
The Beatles/ In my life 
イン・マイ・ライフ(ビートルズ)

郷愁をさそう曲だ。私のお世話になった人や関わりのあった人たちで他界してしまった人たちのことを思い出す。無理もない。私もそろそろ自分の人生を振り返るような年になりつつあるからだ。この曲は、思い出のある人や場所にどに思いを馳せ、それらに対する愛情は忘れないとしているものの、一方ではそういう思い出も、君への愛にくらべると色褪せてしまういう。一件矛盾を思わせる複雑な想いを歌っている。結局、今ここで生きている愛がこそ必要で、その愛が一番素晴らしいということなのだろう。てなことを考えなら和訳を試みました。やっぱり、名曲です。

「生涯忘れられない場所がある
なかには変わってしまった場所もあれば
永遠なもの あまり良いものでなくなった場所
そして失われた場所、昔のままの場所もある

どの場所にも それぞれの思い出がある
いまだに忘れられない恋人や友だちとの
死んだ人もいるし 生きている人もいる
この人生で 僕はその人たちをみんな愛してきた

でもこういった友達や恋人も
だれひとり君と比べられられない
そしてこうした思い出も色あせてしまう
愛をなにか新しいものとして考えるときには

けれど 去っていったひとや物への愛情が消えることなない
きっと 僕は何度も立ち止まって ふと思い出すだろう
でも この人生でそれ以上に君を愛している
(instrumental)
けれど 去っていったひとや物への愛情が消えることなない
きっと 僕は何度も立ち止まって ふと思い出すだろう
でも この人生でそれ以上に君を愛している
この人生でそれ以上に君を愛している」