ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

The Beatles-While My Guitar Gently Weeps
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ビートルズ)


ギターの調べがなんとも印象的。サムシング、ヒア・カムズ・ザ・サンと並び、ジョージ・ハリスンの傑作です。
むせび泣くようのギターを演奏しているのは、ジョージ・ハリスンの生涯に渡る親友である、エリック・クラプトンなのですね。さすがという感じです。

この曲、韻を踏んでいるというか、語尾が似ている単語がよく出てきます・ devert  pervert  invert alertなどその例です。単語の意味は、道をそれる、堕落する、倒錯する 警告するなどすこし難しい単語です。turning learning などもそうです。そんなとこも抑えて聴いてみるのも一興です。
和訳してみましたが、こんな感じでしょうか(あまり自信がありませんが、ご参考まで)

「誰の顔を見ても そのには愛が眠っているように思える
僕のギターは 静かにむせび泣いているときも
床を見てみろと 掃かなければならないほどほこりが積もっている
それでも 僕のギターは そっと泣いている

どうして誰も 君に教えなかったのだろう
心を開いて 愛を表現する方法を

僕にはわからないけれど
誰かが君を操り 君の心を 売買してしまったのだろう

世界に目をやると 地球が流転しているんだと気づく
僕のギターは 静かにむせび泣いているときも
過ちを起こすたびに 僕らは何かを学んでいるはずなに
それでも 僕のギターは そっと泣いている

どうして君は 道を外してしまったのだろう
君は堕落してしまったんだ
僕にはわからないけれど
どうして君は 倒錯してしまったのだろう
誰も君に警告してくれなかったんだ

誰の顔を見ても そのには愛が眠っているように思える
僕のギターは 静かにむせび泣いているときも
誰の顔を見ても
それでも 僕のギターは そっと泣いている」


英語歌詞の確認はこちらから