ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

The Carpentaers- Only Yesterday
オンリー・イエスタデイ (カーペンターズ)

ビートルズとカーペンターズに愛着を感じています。やっぱり私の洋楽の原点のようです。平成23年の8月からこのブログを初めて9ヶ月経ちました。さすがに9ヶ月も経つと、リンク切れが発生してきているようです。カーペンターズの曲でリンクが切れたものを見直しているうちに、この曲のことを思い出して取り上げました。


やっぱりいいですね。ほっとします。じっと聴くだけです。
明日はきっと今日よりいい日のはずというのは、希望を捨てないで明日に向き合って行こうというメッセージです。昨日のことは・・・失敗などはくよくよせず、次を・・明日に向かって頑張っていこうということです。
歌詞を和訳してみて、この歌のもつメッセージにやや感動した次第です。


ひとりであまり長くいると
誰でも孤独に向き合わなければならない
誰も分かってはくれなかったけれど
自分ひとりで孤独の痛みにずっと耐えてきた
できることは待つことだけだった
あなたが現れることだけに希望を託していた
私にとってあなたがとても大切な人だと
わかってくれないかもしれないけど
あなたは私にとって夜明けの曙
すべてを明るく満たしてくれる朝の光のように
希望をもたらしてくれる

あなたのことを ベービー ベービー
力いっぱいに抱きしめたい 
ベービー ベービー あなたの愛が 
尽きない歌声のように
私の気持ちを穏やかにてくれる
悲しく寂しかったのも昨日だけ
あなたは私に教えてくれた
過去を忘れてもう泣かないようにと
明日は今日よりも明るいわ
悲しみは昨日に置いてきたから

私は、あなたの腕の中に
本当の居場所を見つけたの。
地球上にどこものないような素敵な場所。
あなたとならいつまでも
ともに暮らせる
だから二人だけで暮らしていきたい
素晴らしいことが 今にもありそう
これからもっと多くことが私たちを持っていてくれる



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ