ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Celine Dion -All by myself
オール・バイ・マイ・セルフ  (セリーヌ・ディオン)


この曲は、エリック・カルメンが1975年に発表したバラードの名曲です。ジェイミー・オニールのほか、セリーヌ・ディオンなど多くの歌手によってカバーされています。セリーヌ・ディオンのカバーは、1996年のアルバム『FALLING INTO YOU』収録されています。

やはりこのセリーヌ・ディオンの歌が私のお気に入りです。
彼女の情感あふれる歌唱は、胸に迫ってきます。ぐぐっと。・・・私も比較的長い独身生活に疲れ、こんな惨めな気持ちを味わった経験があるためか、共感を感じています。・・・だからanymoreの言葉は突き刺さります。
愛が必要なのです。(ただの遊びじゃダメですが)まだ遠くおぼろげであっても、いずれcure(心の救い)となるはずです。この歌も、ただ絶望を歌っているのではなく、かすかながらの希望であっても、それを捨ててはいけないことも教えてくれています。
難しい英単語はないのですが、日本語に置き換えようとすると結構難しい曲でした。和訳するとこんな感じでしょうか。(誤訳・意訳はご容赦ください)

「若かった頃
誰の助けもいらないと思っていた
恋をするなんて ただの遊びに過ぎなかった
もう昔のこと

今は一人で生きている
昔の友人を思い出して
みんなに電話をかけてみたけれど
誰も出ない…

すべて一人でやるなんて
そうなりたくはない
何から何まで自分ひとりだなんて
これ以上とても辛い

確信がもてず
時々不安になる
愛は遠く彼方にいき おぼろげならも
心の救いとして残っている

すべて一人でやるなんて
そうなりたくはない
何から何まで自分ひとりだなんて
これ以上とても辛い

すべて一人でやるなんて
そうなりたくはない
何から何まで自分ひとりだなんて
これ以上とても辛い

若かった頃
誰の助けもいらないと思っていた
恋をするなんて ただの遊びに過ぎなかった
もう昔のこと

すべて一人でやるなんて
そうなりたくはない
何から何まで自分ひとりだなんて
これ以上とても辛い

すべて一人でやるなんて
そうなりたくはない
何から何まで自分ひとりだなんて
これ以上とても辛い


すべて一人でやるなんて
そうなりたくはない
何から何まで自分ひとりだなんて
これ以上とても辛い

あぁ
一人じゃ生きていけない
私一人で
一人っきりで
これ以上

あぁ
一人じゃ生きていけない
絶対に無理
誰かが必要なの」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

All The Way...A Decade of Song
 
セリーヌ・ディオン
エピックレコードジャパン
1999-11-13