ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

        Stevie Wonder-I just called to say I love you

   心の愛(スティーヴィー・ワンダー)


1984年の作品。「君を愛していると言いたくて電話したんだ」という曲名です。

作家の藤沢周平が、この曲が大変気に入ってCDを買い求めて、生前、愛聴していたということを、NHKの藤沢周平の作品の感想を取り上げる番組で知りました。藤沢周平の小説で描かれた日本の古き侍や江戸庶民の世界からは想像できないためか、ちょっと意外でした。
「心の愛」とは、心から愛しているということでしょう。歌のようにストレートに言えないけれど、そう思っている人が側にいてくれることは、限りなく嬉しいことです。
そんな人を思べながら聴いてみましょう。





「新年を祝うわけでなく
チョコで包まれたハートャンディを
贈るということもなく
春の始まりでもない
歌いたい歌があるわけでもない
今日はただのありふれて一日

4月の雨でもなく咲く花もない
6月の土曜日に結婚式もない
でも何かと言えば 真実を伝えること
3つの語句から成る言葉なのさ

"I Love You"(愛している)と 君にただ言いたくて
どれほど君のことを想っているかをただ伝えたくて
"I Love You"を言いたくて電話したんだ
心の底から そう言いたいんだ

夏の真っ盛りではなく
あたたかい7月でもない
中秋の名月が穏やかな8月の一夜を照らすもない
秋を告げる風もなく
落葉でもない
渡り鳥が南の空へ飛んでいく
という季節でもない

太陽が天秤座に入る頃でもなく
ハロウィンでもない
君がもたらすクリスマスの幸せに
感謝することもない
でも君の心を満たすもの
古めかしいけど新しい気持ちなんだ
それはこの3つの語句からなる言葉以外にないんだ

"I Love You"(愛している)と 君にただ言いたくて
どれほど君のことを想っているかをただ伝えたくて
"I Love You"を言いたくて電話したんだ
心の底から そう言いたいんだ
心から君を愛してる 心から」



よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ