ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Elton John-Can You Feel The Love Tonight
愛を感じて (エルトン・ジョン)

1994年のアニメ映画「ライオン・キング」の挿入歌として知られる歌。エルトン・ジョンの歌は何故か印象に残る曲が多い。この曲もそうだ。このアニメ映画の中で、どの部分で歌われていたか、記憶をたどってみても定かではない。
むしろ、この曲を印象づけたのは、曲中にでてくるvagabond(vǽgəbɑ̀nd)ー放浪者という意味の単語が、バカボンと聞こえていたからかもしれない。私の語彙力のなさを証明したようなもの。私の英語力のなさもさることながら、この曲も聴いただけでは、なかなか意味を捉えられにくい歌だと感じた次第。
てなわけで、無謀にも和訳を試みました。(誤訳・意訳についてはご容赦を) 英語歌詞も英語学習のために、引用させていただきました。

「昼間の慌ただしさに隠れていた 静けさが訪れる
変わり続ける世界の熱気が冷める時
ほっとする瞬間 それに私が魅入られる
ただ君がいるだけで 戦い続ける戦士には充分なんだ

今夜君は愛を感じるかい?
いまこうして私たちはたどりついた
目を見開いて生きてきた放浪者が ここまで来れただけで充分だ
今夜君は愛を感じるかい?
どうやったら安らいで横たわれるんだい?
王であっても放浪者であっても一番だと信じられるなら
それでいい

誰にだって簡単にわかることさ
万華鏡のようにがみんなを代わる代わる変化させてゆくってことを
野性の中には歌の響きがある
薄幸な放浪者である私の心が君の心に合わせて
共鳴しあうんだ

今夜君は愛を感じるかい?
いまこうして私たちはたどりついた
目を見開いて生きてきた放浪者が ここまで来れただけで充分だ
今夜君は愛を感じるかい?
どうやったら安らいで横たわれるんだい?
王であっても放浪者であっても一番だと信じられるなら
それでいい・・・」


Can You Feel The Love Tonight
Music by Elton John
Lyrics by Tim Rice
from the Lion King soundtrack

  There's a calm surrender
  To the rush of day
  When the heat of the rolling world
  Can be turned away
  An enchanted moment
  And it sees me through
  It's enough for this restless warrior
  Just to be with you

  And can you feel the love tonight?
  It is where we are
  It's enough for this wide-eyed wanderer
  That we've got this far
  And can you feel the love tonight?
  How it's laid to rest?
  It's enough to make kings and vagabonds
  Believe the very best

  There's a time for everyone
  If they only learn
  That the twisting kaleidoscope
  Moves us all in turn
  There's a rhyme and reason
  To the wild outdoors
  When the heart of this star-crossed voyager
  Beats in time with yours

  And can you feel the love tonight?
  It is where we are
  It's enough for this wide-eyed wanderer
  That we've got this far
  And can you feel the love tonight?
  How it's laid to rest?
  It's enough to make kings and vagabonds
  Believe the very best
  It's enough to make kings and vagabonds
  Believe the very best

    

よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ