ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Atlantic Starr - Always
オールウェイズ  アオランティック・スター


バラードのオムニバスの定番として必ず登場してくるこの曲は、馴染みやすいメロディが心地よく耳に入ってくるので、よくい聴いています。歌っているアトランティック・スターとは、次のようなグループです。(アマゾンから引用)

アトランティック・スターといえば、あの結婚式の定番ソング「オールウェイズ」に代表されるバラード・グループというイメージが拭えないが、それだけだと思ったら大間違い。彼らは、70年代後半から80年代初頭にかけて、タフなファンク・サウンドを鳴らすヴォーカル&インストゥルメンタル・グループとして有名な存在だったのである。
76年にデイヴィッド、ジョナサン、ウェインのルイス3兄弟によって結成され、女性ヴォーカル、シャロン・ブライアントを始めとする9人編成の大所帯グループとして78年にデビューした彼ら。セルフ・タイトルのデビュー・アルバムから強力ファンク・チューン「スタンド・アップ」をヒットさせる。その後、高度な演奏力に非凡なコーラス・ワーク、そしてキャッチーなコンポージングを武器にメキメキと頭角を現していく。そして82年の4thアルバム『ブリリアンス』で頂点を極めることに。このアルバムからはシャロン嬢の華やかな歌声をフィーチャーした名曲「サークルズ」がヒット。しかし85年にシャロンが脱退し、新たにバーバラ・ウェザーズが加入したあたりから、音楽の方向性をデジタル路線へとシフト・チェンジ。徐々にポップ濃度を高めていき、前述の「オールウェイズ」(87年)の大ヒットにより、アトランティック・スターはクロスオーヴァーな成功を収めたのである。
というわけで、ファンク好きには初期が、ポップス・ファンには後期がオススメ。そんなアトランティック・スターである。

「オールウェイズ」と「フォーエヴァー」の言葉が印象的な甘いラヴ・ソングとして、結婚式の定番としてよく使われるのもうなずけます。この曲を簡約するとこんな感じです。やっぱり甘いです。

「君は僕にとって理想的な女性
僕は君に人生を捧げよう いつでも

貴方の愛は、ふたつとないもの
きっと天から与えられたものに違いない
私にはわかっている
貴方はいつもこうして私のそばにてくれると

そし永遠に 貴方と私

あぁ 貴方は私の太陽 雨を追い払ってくれる
貴方が来ると明るい日々がもたらされる

君は完璧だよ
僕と君 僕たちは永遠に一緒
僕はとても君を愛しているよ いつまでも

かけがいの君、僕と一緒に歩もう
僕たちは家族を作るんだ
家族は僕たちに喜びを与えてくれるだろう

あぁ 貴方を愛している 
どうしてもそのことを 上手に伝えられない
でも貴方にはもちろんわかっているはずて僕たち二人ともわかっている
ふたりの愛はこれからも大きくなっていくことを


そして僕たち二人ともわかっている
ふたりの愛はこれからもに大きくなっていくことを
永遠に 貴方と私

あぁ 貴方は私の太陽 雨を追い払ってくれる
貴方が来ると 明るい日々がもたらされる

君は完璧だよ
僕と君 僕たちは永遠に一緒だ
僕はとても君を愛しているよ
いつまでも

私はとても貴方を愛しています
いつまでも

僕はとても君を愛しているよ
いつまでも」