ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Sailing  (Rod Stewart)

セイリング(ロッド・スチュアート)


1975年の作品で彼の代表曲のひとつ。「人生を大海原や大空にたとえ、その人生を航海し、飛び立っていく。苦悶がつきまとう、でもそれが人の生きる道。最後に、真の自由の身となって神のもとに召されていく」誰しもこんなイメージがあるからこの曲に感動を覚えるのでしょう。

「私の声が聞こえますか、遠い暗い闇を抜けて私の声が届きますか。
私は死ぬのです。
永遠に あなたとともにいようとしているのです。
そうなるかは誰もわかりませんが。」と歌われています。

だから、人は誰しもあなた(神)に近づきたいと航海を続けるのです。
無宗教に使い私には、ほど遠い境地です。人生は旅路だと考えることはできます。この曲は、一所懸命頑張って、悔いのない人生を歩めばきっと天に導かれるのだという「人生の応援歌」だと理解することにしています。




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキング