少し時間がある時、のんびり、おっとりしたい時や珈琲ブレイクのお供にこんなクラシックの名曲を聴いてみるのもいいのではないでしょうか

ペールギュント 朝 / グリーグ 。気持のよい朝のスタートはこの曲から。



バッハ「ブランデンブルグ協奏曲第5番第一楽章」



バッハ プレリュード13番 
ジャズピアニストのジョン・ルイスによるバッハのプレリュード演奏。ジャズアレンジの部分が聴きどころ。




バッハ ブランデンブルグ協奏曲5番 第2楽章 フルート古賀敦子 ヴァイオリン山下洋一 指揮ミヒャエル・シュナイダー マグデブルグフィル室内交響楽団


バーバー 弦楽のためのアダージョ この曲の何とも言えない美しさに感銘。映画「プラートーン」のエンディングシーンが蘇る。-- 弦楽のためのアダージョ


マーラー交響曲5番第4楽章より 「アダージェット」 そっと耳を傾けていたい。



ドヴォルザーク - 交響曲第8番~第3楽章 初めて聴いたとき、この美しい響きに感動した思い出のある曲。



レスピーギ リュートのための古風な舞曲とアリアより「イタリアーナ」ほか



マスカーニ カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲




ラヴェル 亡き王女のためのバヴァーヌ




フォーレ パヴァーヌ