ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

 
DON'T LET ME DOWN  The Beatles

ドント・レット・ミー・ダウン(ビートルズ



1969年、ジョン・レノンがオノ・ヨーコとのことを歌ったものです。
「がっかりさせないでくれ。彼女ほど僕を愛してくれたひとはいない。最初から彼女に参ってしまった。この愛に終わりはない・・・・・・」と。
当初、この曲はあまり好きではなかったのですが、何度か聴いているうちに愛着がもてるようになった不思議な曲です。

この時期、ジョン・レノンはヘロインに手を出し、かなり危険な状況であったと言われています。

ポール・マッカートニーは、「見捨てないでくれ、助けてくれ」という彼の叫びではなかったと感じたそうです。
(これは風聞によるもので事実ではないかもしれません。間違えであればご容赦を)

よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキング