ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

   Piano Man(Billy Joel)

  ピアノ・マン(ビリー・ジョエル)

  

ピアノが置いてあるバーの土曜日の夜の風景を歌っています。ピアノ・マンの周りに集まる人々、ジントニックを片手に「思い出」をリクエストする老人、ただで酒をおごってくれる映画スターを目指している友人、小説家、軍人、政治学を勉強しているウェイトレス、酔いの回ったビジネスマンが登場してくる。ひとり寂しく飲むより、ここでわいわい飲むのが楽しいのだ。マネージャーは、知っている。みんな明日のことを一瞬忘れるため、ピアノ・マンの歌を聴きに来るのだと。歌ってくれよ、ピアノ・マン。今日は聴きたい気分だ。」酒の匂いする中の光景が目に浮かんできます。

  たまには、みんなでわいわい飲みたい気持ちはわかりますね。

「土曜日の夜9時。いつもの面々が集まってくる。隣の爺さんはジントニックにはまっている。
彼は言う。”若いの、あの思い出の曲を歌ってくれないか。
どんな歌だったかはっきり思い出せないけど、切なくて甘い良い歌。それだけはわかってる。
なんてたって、若い格好してたころの昔の歌だからね。”
らららら ら・・

歌ってくれよ。ピアノマン。今夜は歌ってくれよ。聴きたい気分なんだ。
君が歌ってくれるといい気分になれるんだよ。

カウンターの中にいるジョンは友達だ。いつも僕に酒をおごってくれている。
彼は気の利いた冗談をいい。客のタバコにもすばやく火をつける。
でも、彼にはもっと別な場所で自分を生かせるはず。

”ビル、このまま俺はここで終ってしまうのだろうなぁ”
そういう彼の顔からは笑顔が消えている。
”映画スターにでもなってみせるさ。ここからぬけだせたらね”
らららら ら・・

ポールは物書きの不動産家。忙しくて妻をめとる暇もない。
今もずっと海軍のデイヴィと話し込んでいる。死ぬまでああやっていそうだ。

ウエイトレスは政治学の勉強中。いつしか客のビジネスマンたちは酔っぱらっていく。
そうなんだ。みんな孤独という酒を酌みわしているんだ。
一人で寂しく飲むよりずっといい。

歌ってくれよ。ピアノマン。今夜は歌ってくれよ。聴きたい気分なんだ。
君が歌ってくれるといい気分になれるんだよ。

土曜日にしてはいい客が集まっていると、マネージャーは笑顔を向ける。
みんながいろんなことを少しの間忘れるために、僕に会いに来るのをわかっているからね。
カーニバルのようなピアノの響き。ビールの匂いが染み込んだマイク。
カウンターに腰掛けている客は、チップをくれながら言う。
”こんなところで何やってるんだ”
らららら ら・・

歌ってくれよ。ピアノマン。今夜は歌ってくれよ。聴きたい気分なんだ。
君が歌ってくれるといい気分になれるんだよ。」





よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ