ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

Sarah McLachlan-Rainbow Connection
レインボー・コネクション (サラ・マクラクラン)

実は彼女の歌うこの曲も好きです。カーペンターズとは、違った趣を感じさせてくれます。

「なぜこんなにたくさん虹についての歌があるのだろう。何が虹の向こうにあるっていう歌も。
虹は見えるものだけど、ただの幻想。でも虹は何も隠していない。

虹はそんな風に言われてきたし、そう信じる人もいるけれど間違っていると思う。 いつかわかるでしょう。
そして、きっといつか、虹の繋がりを私たちは見つけることでしょう。
恋人たちと、夢見る人と、そして私の繋がりを。

誰が言ったのだろう。朝の星に願いをかければ、願いごとが聞き入れられ 答えが出てくると。
誰かがそんなことを考えついて、誰かがそれを信じたから、それが本当のように思われたのよ。

本当に驚いたことに、だから私たちは星を見つめ続けるし、そこに何を見いだそうとしているのでしょう?。
きっといつか、虹の繋がりを私たちは見つけることでしょう。
恋人たちと、夢見る人と、そして私の繋がりを。・・・

私たちは みんな呪文にかかり、それはもしかして 魔法じゃないかと思っている。

あなたは眠っている間に声を聞いたことはある?
私は自分の名前が呼ばれるの聞いたわ。これが若い水兵を呼ぶ魅惑な音なのでしょうか。
あの声と同じものなのかもしれない。

私はそれを無視できないほど何度も聞いたし、私もそんな感じになるべきなのでしょう
でも、きっといつか、虹の繋がりを私たちは見つけることでしょう。
恋人たちと、夢見る人と、そして私の繋がりを。・・・」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ