ふと聴きたくなる懐かしの洋楽


Glen Campbell - By the Time I Get to Phoenix
恋はフェニックス (グレン・キャンベル)


1967年のちょっと懐かしい曲。すっかり忘れていたのですが、メロディが何故か記憶に残っていました。
女性の元を離れていく、少しわがままな男が、その別れを知っていく女性のことを歌っています。
メロディがすこし切なく、比較的わかりやすい英語歌詞だったのですぐ思い出しました。
グレン・キャンベルもいい声してますね。

「僕ががフェニックスに着くころには、彼女は起きているだろう。そして、ドアにつるしたメモに気づくはず。そして彼女は笑うにはずだ。だって、僕は今までなんどとなく別れを口にしてきたから。

アルバカーキに着くころには、彼女は仕事をしている。お昼どきに、多分、僕に電話をするだろう。でも電話には誰も出ない。むなしく鳴り続けるだけ。

オクラホマに着くころには、彼女は多分眠っているだろう。寝返りをうって、僕の名前を呼ぶ。そして、彼女はきっと泣くだろう。僕がほんとに去ったと知って。

僕はなんども別れを伝えようとしたけれど、彼女はいつも本気にしなかったんだ。僕は伝えようとしたんだけれど・・・」





よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ