ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

THIS MASQUERADE (Carpenters) 
マスカレード(カーペンターズ)

マスカレードは、仮面舞踏会という意味で、その仮面舞踏会で道に迷ってしまった二人を歌っています。お互いに本当の心が見えなくなった二人が、続けざるをえない悲しいゲームを仮面舞踏会にたとえていえます。

「こんな悲しいゲームを演じて二人は本当に幸せ? 
ふさわしい気のきいた言葉を探しても見つからない。
わかっているのは、二人は仮面舞踏会で道に迷ってしまったっていうこと。
最初はあんなに親しかったから、
二人ともこんなに心が離れてしまったことを口にするのを怖がっている。
話し合おうとするけれど、いつも言葉に詰まってしまう。
二人は、この悲しいゲームの中で道に迷うばかり。
何度も別れようとしたけれど、
そんな気持ちもあなたの目を見るたびに消えてしまう。
なぜこんな風になるのかどんなに一生懸命考えてみてもわからない。
二人は仮面舞踏会で道に迷ってしまった。
話し合おうとするけれど、いつも言葉に詰まってしまう。
二人は、この悲しいゲームの中で道に迷うばかり。
何度も別れようとしたけれど、
そんな気持ちもあなたの目を見るたびに消えてしまう。
なぜこんな風になるのかどんなに一生懸命考えてみてもわからない。
二人は仮面舞踏会で道に迷ってしまった。」
これも、レオン・ラッセルの曲カヴァーです。見事にカーペンターズらしい素晴らしい曲になっています。この哀愁を帯びたメロディとカレンの優しい歌声がこの曲を忘れがたいものにしています。



よろしければ応援の1ポチを


人気ブログランキングへ

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。