ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

  You raise me up (Josh Groban)

ユー・レイズ・ミ・アップ(ジョシュ・グローバン)


この曲は、ケルティック・ウーマンが歌う同曲が、2006年2月のトリノ・オリンピックの金メダリスト荒川静香さんのエキシビションで使われたことで有名になりました。
どちらも好きなのです。どちらか選べというなら、ジョシュ・グローバンの歌の方が、先に聴いていたせいもあり、軍配をあげたい気がします。


「心が疲れ打ちひしがれているとき、悩みがあって重荷を感じているとき、あなたが側に来てくれるのを静かに待っていよう。
あなたがいれば、高い山にも登れる。荒れ狂う海
にでも歩いていける。あなたを信じ頼っていれば、立ち上がれる。本当の僕より強くなれる。」

「あなたが僕を勇気づけてくれたから、強くなれた」と、自分を勇気づけてくれ、自分を成長させてくれた人(親、友人、恋人、同僚等)への感謝の気持ちを歌っているのです。自分のために何かをしてくれた人たちへの感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。」







よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

Closer
 
Josh Groban
Reprise / Wea
2004-03-23