ふと聴きたくなる懐かしの洋楽

The Bee Gees- First Of May

 若葉のころ(ビージーズ)


映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌です。歌っているビージーズは、3人兄弟のグループで、美しいハーモニーが特徴です。

「小さい頃、クリスマスツリーは、僕より高かったけど・・・・・今、僕は大きくなってツリーの方が小さくなった」と昔の小さな恋を振り返り、時の経過に空しさを感じる。

「もう過ぎ去ったことだから、何も聞かないで。あの時の君と僕の愛は、決して消えるものではない。これからもずっと。僕達は、若葉の頃になると昔のことを思い出して泣いてしまう。・・・僕達のために大きくなったりんごの木から、ひとつひとつ、りんごが落ちるのを見つめていた。そんな昔が思い出される。君の頬にキスをした日のことも。でも君はいなくなってしまった。・・・」


この曲を聴くと、誰しもあった子供の頃にタイムスリップさせてくれ、遠い昔への哀愁がよみがえります。この映画の主題歌である「メロディ・フェア」という曲も美しい曲です。





よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ