ふと聴きたくなる懐かしの洋楽


 
Morning Has Broken (Art Garfunkel&Diana Krall)

雨にぬれた朝(アート・ガーファンクル、ダイアナ・クラール)


キャット・スティーヴンスが「雨にぬれた朝」という邦題で、1971年に世にだした曲です。
アート・ガーファンクルとダイアナ・クラールの歌声という異色の組合せが気に入り、キャット・スティーヴンス盤ではなくアート・ガーファンクル-ダイアナ・クラール盤を選びました。

「毎日、朝が訪れ、小鳥のさえずりを聞くことができる。当たり前のことなのだけれども、こうして毎日生きていけることをありがたく思う。そういう気持ちを持ち続けなさい。」
こんなメーセージがこめられている曲です。
「夜が明けた 初めて訪れた朝のように。クロウタドリが鳴く 初めてさえずる鳥のように。そのさえずりを讃えよう。この朝を讃えよう。この世に今生まれしその躍動を讃えよう。あらたに降る雨はやさしく、天からの光に輝く。最初に生まれた草に初めて降り立つ露のように。雨にぬれた園の美しさを讃えよう。神が通られるところに生まれた園の美しさを。・・・・・降り注ぐ光を喜んで讃えよう。来る朝ごとに讃えよう。神が繰りかえり創造される新しい一日の始まりを」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ