忘れられない、思い出したようにふと聴きたくなる懐かしの洋楽

 Yesterday once more(Carpenters)
イエスタデイ・ワンス・モア(カーペンターズ)


 「若い頃、お気に入りの歌が流れてくるの待ちながら、ラジオを聞いていた。その曲がかかると曲に合わせてよく歌ったものだ。それは私を笑顔にしてくれた。
そんな楽しかった時代は、はるか昔のことではないのに、どこにいってしまったのだろうか。でもまた戻ってきた。ながらく会っていない友達のように。みんな大好きな歌。あのシャララ・・・・は今でも輝いている。歌いだしのスィング・ア・リング・・今もすばらしい。
歌のパートが、彼が彼女を悲しませるくだりにさしかかると、また泣いてしまう。昔のように。昨日のことのように。
振り返ってみると、楽しかったことさえ今は悲しく思える。長い年月を経てすっかり世の中は変わってしまったから。それは当時よく歌っていたラブソング。歌詞の一語一語を覚えていた。あの懐かしいメロディは今でも私には心地よく響く。昔にもどったように時を溶かしてくれる。・・・
本当に素晴らしい思い出が鮮明に蘇ってくる。また泣いてしまう。まるで以前のように。本当に昨日がもう一度きたように。」

こんな感じの歌詞です。懐かしの想いでのある歌って誰もがもっているのではないでしょうか。この曲を聴くといつも若かりし頃よく聴いていた懐かしの洋楽を思い出させてくれます。

聴いて感動した曲をまたいつか聴いてみるのもいいものです。カーペンターズの曲は、耳にとても優しく響きます。今でも多くの人に愛されています。

カレンの発音は、とても明瞭で美しいですね。当時、英語学習者の誰もが、彼女の発音を手本としていたのを思い出しました。






よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ