今日の1曲

The Beatles - The Long and Winding Road
ザ・ロング・ワインディング・ロード (ビートルズ)

このブログのビートルズの曲として最初にとりあげた、私にとっては名曲中の名曲です。聴いて心に訴えてくるメロディとポールの歌声は、聴くたびに感動を与えてくれます。まさに、そっと耳を傾けていたい曲でしょう。
いつまでも、いつまでも心に残る一曲です。(2015年3月18日追記)

「はるか昔からあって、途切れることの無い道。
その長くて曲がりくねった道を通って
君のところに行こうと思っても、
いつになってもたどり着けない。
君のところに導いてくれと願っても
いつも置いていかれている。
たどり着けない理由を教えてくれ。
雨が降りしきり風が吹きすさぶ夜は、
涙にくれていた。ひとりぼっちで何度泣いたことか。
何度も何度も懸命に力を尽くしてきた。
それなのに君は、
僕がどんなに努力してきたかわからないだろう。
いつまでもここで待たせないでくれ、
はやく君のところに連れて行ってくれ。」・・

何か(your door)を求めようとして苦悩する気持ちを歌っています。ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロードとは、紆余曲折のある人生の旅路なのかもしれません。
この曲を初めて聴いたとき、非常に感動したことを今でも忘れません。いい曲だと思います。




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ